ナップサックを作ろう!

このナップサックの素晴らしいところは、誰でも使えるところです。もしあなたの背が高ければ長めの紐を使い、お子様用に作りたいときには短めの紐を使えば良いのです。

 

 

カウニステのファブリックを使って、実際にナップサックを製作してみましょう。まず、以下の材料をご準備ください。

 

・70cm×50cmのファブリック

 写真ではカウニステのSokeri ピンクのファブリック(麻55%綿45%)を使用しました。

・350cmのコットンコード

・安全ピン

・ミシン、裁縫道具

 

【ファブリックの購入はこちらから】

 

それでは始めましょう!

 

  

1. 用意したファブリックを、35cm×50cmの大きさにカットします。

  

2. ファブリックの側面と底面から1cm折り、アイロンをかけて折り目をつけます。

 

3. ファブリックの上辺から2cm測り、2回折り込みます。アイロンを使って折り目をつけ、ファブリックの下端を写真の様に縫い合わせます。紐を通す穴にするために、両端は開けたままにしていることを確認してください。この手順2と3を、2枚のファブリックどちらともに繰り返します。

 

 

4. ファブリックの表側同士を合わせ、まち針でとめます。まず最初に、ファブリックの側面から縫い合わせます。紐を通す穴の下から縫い始め、底辺側から2~3cmは縫わずに残しておき、角に穴を作っておきます。そして、底辺も縫い合わせます。

 

 

 

5. 用意したコットンコードを175cmで2本にカットします。ご自身の身長に併せて、長さを長めや短めに調節して使うこともできます。コットンコードの端に安全ピンを付けます。上辺に作った穴にコットン紐を通していきます。通し始めた点に戻ってくるように一周させます。2本目のコットンコードは、1本目の反対側の点から始めて、写真のようになるように1本目と同様に穴に通していきます。

 

 

6. 両側でコットンコードの端を結び、結び目を作ります。この二つの結び目を袋の内側にいれ、底面に残しておいた穴から外側に出します。この底面の穴を、コットンコードを挟んだ状態で縫い閉じます。最後に、表側に裏返せば完成です!