写真家 かくたみほ "12 pictures"カレンダー【4〜6月】

 

写真家 かくたみほさんのアーカイブ写真をまとめたカレンダー”12 pictures”。10年以上もフィンランドを取材されているかくたみほさんの写真を通して、季節の移りかわりをご紹介していきます。長い冬が終わり、暖かな日ざしが朗らかに輝く様子が込められた春の風景。撮影時のエピソードを綴ったかくたみほさんの文章と合わせてお楽しみください。

 

 

【 4月 / April 】


「ヘルシンキから日帰りでエストニアへ。港に着くと旧市街までの道のりは閑散としていた印象がある10年ぐらい前の写真。旅するのは非日常なのに、更に船に乗るという非日常が重なると何気ない景色が特別になった。」

 バルト海を挟んでとなりに位置するエストニアは、古い歴史を感じる街並みが旅行客に人気の国ですが、フィンランド人にとっては旅先ではなく、身近な街という感覚。物価が安く、ヘルシンキから船で2時間ということもあり、週末になると食料品の買い出しにでかける家族も多いようです。

 


 【 5月 / May 】


 「ナーンタリのムーミンワールドに行く道中。日本ではあまり見かけない大きいプードルを見つけた。まずは見つけたそのままの距離から撮って、じりじり近寄っていき撮影できた1枚。犬の手入れに必死でおばちゃんとは目が合わなかったけど犬とのアイコンタクトには成功。」

 きれいにヘアカットをされているプードルが可愛らしく、とても印象に残る一枚。フィンランドの5月は最高気温15度前後と、日本に比べると少し肌寒い気候ですが、太陽がでている時間が日に日に長くなり、春の陽気を楽しむため出歩く人が増えてきます。写真の柔らかな色合いが、まさに5月の季節を映し出しているようで、のんびりとした気持ちにさせてくれます。
 

 

【 6月 / June 】


 「11年前、初めての国定公園では、トナカイの好物という薄いミントグリーンの苔に感動した。晴れている日、苔はカサカサしていて、踏むとホロっと崩れるのだ。フィンランドの森は手入れされているため風通しが良くて明るい。怖くないから知らない森もどんどん歩いていける。」

 

フィンランドは陸地の大半が森で覆われています。自然を保護するだけではなく、人々がリラックスしたり自然を楽しむ場所として管理されている国定公園も多く、ピクニックにいくことも日常です。フカフカの苔の上を歩くエピソードは、想像するだけで自然の森の中へと出かけたくなります。
 

【商品情報はこちら】

12 pictures カレンダー 1,980円(税込)

 

【オンラインストア TOP】

KAUNISTE FINLAND