ヘルシンキで一番のアイスクリーム

フィンランドでは暑くなると、みんな何か冷たいものを探し始めます。体をひんやり冷たくしてくれるアイスクリームが食べられる、ヘルシンキのおすすめスポットをご紹介します!

 

1. 定番アイスクリームを体験する

 

 

ヘルシンギン・ヤーテロテフダス(Helsingin Jäätelötehdas)はフィンランドで最も古く、現在も営業中のアイスクリームメーカーです。この家族経営のお店は1922年に開業し、現在は3代目となります。

 

 

彼らは伝統的で濃厚なアイスクリームを、巨大なサイズで提供してくれることで有名です。コーンで食べるには勇気が必要ですね!

 

私たちは大きなカップで食べるという安全策を選びました。友達とシェアするには、ちょうど良いサイズです。レモン味がおすすめですよ!

 

カイヴォプイスト地区の海沿いに、ヘルシンギン・ヤーテロテフダスは3店舗あります。

Merisatamanranta 10

Kompassitori 付近

Mattolaituri 付近

 

2. 美しい眺めとアイスクリーム

 

 

シニネン・フヴィラ・カハヴィラ(The Sinisen Huvilan Kahvila)は、アクセスの良い立地と、そこからの美しい眺望のために人気のカフェです。市内中心部から少し歩くとたどり着く、トーロ(Töölö)地区にお店があります。この地区はジョギングのルートや、ちょっとした湖岸の散歩エリアとして地元の人々に人気があります。

 

 

定番のイングマン(Ingmann)社のクリーミーなアイスクリームや、私たちが今回試したChjoko社のヴィーガンアイスクリーム(オートとラズベリーのアイスクリームが素晴らしかった!)を楽しむことができます。このカフェでは、焼きたての焼き菓子やランチ、コーヒーなど何でも楽しめます。

 

The Sinisen Huvilan Kahvila/  Linnunlauluntie 11 H

 

3. 流行のアイスクリーム

 

 

ヤデリノ(Jädelino)は、2013年にヘルシンキでオープンしたばかりの新しい、驚くべきアイスクリームメーカーです。彼らは、職人が少量で製造した、芸術的なアイスクリームを新鮮なうちに販売することで瞬く間に有名になりました。

 

 

ヤデリノがあるテウラスタモ(Teurastamo)はかつて、1933年頃からヘルシンキの食肉処理場でしたが、2012年にテウラスタモ・ヘルシンキ(Teurastamo Helsinki)としてリニューアルされ、「食べ物と都市文化の中心」と評されます。ですから、テウラスタモ全体を見て回ることをお薦めします!美味しいアイスクリームだけでなく、他にもいろいろなものがあるのです。

 

Jädelino Cafe / Teurastamo内 Työpajankatu 2